読んでみたい
ミニマリストのぼくが捨てたもの。

ゆるくミニマリストのきっしーです。

ミニマリストになる前はたくさんものを持っていました。

「ミニマリストになる過程で何を手放して行ったのか?」

ミニマリストになる当時住んでいた部屋は今住んでいるところと間取りは変わらず、1ルームのいわゆる一人暮らし向けの部屋です。

部屋の場所ごとで手放したものをご紹介をします!

スポンサーリンク

机まわり

捨てたもの机まわり。

机の周辺が一番最初に手をつけた場所でした。

机の上がほぼ物置のようになっていて、積み上がった本や漫画、乱雑に散らかった書面でいっぱいになっていました。

最初は少しずつ減らすようにしていきました。

本、まんが

一番最初に断捨離するのに手を付けやすいかもしれません。

「必要な本にはまた必要なタイミングで出会える」という考えのもと、読み終わった本は捨てるか、ブックオフへと持っていきました。

鳥山明、荒木飛呂彦、桂正和、あだち充とせっかく集めていた漫画たち。

大好きなジョジョだけは、いまのところに引っ越すギリギリまでもってましたが、最終的には売りました。

いまは読みたくなったらネットでいつでも読めますからね。

文具類

文房具って全くないと困りますけど、場所を取らないからと増えていきやすいアイテムです。

なぜか増えていたボールペンは1〜2本あれば十分。

今ではほとんど使うことのなくなったシャーペン、消しゴムも1個づつあれば十分。

という具合に減らしていきました。

使ってないアカウント、銀行の通帳の解約。

生活している色んなサービスに加入することも多いと思います。

使っていないアカウントやサービスは解約していきました。

使わなくなったウェブサービスのアカウントや、学生時代のバイトのために作った通帳。

ウェブのアカウントはモノではないので、場所をとるわけではありません。

なので使っていないサービスの解約は断捨離のときに見落としがちになります。

たとえ無料のアカウントだったとしても、いつまでもお知らせのメールが届いたり、それに反応するのに無意識にストレスを感じていました。

解約するって地味な作業なんですけど、自分の使っているサービスを把握し棚卸しすることになるので気持ち的にすっきりしました。

増えてく一方のコード類

コード類も同じようなものがいつの間にか増えていきます。

アイフォンを買い替えるたびに増えていたイヤホンや、ガジェットを買うとついてくるUSBケーブルも1本あれは十分なので他は処分しました。

ゲーム機

大人になってから全くやらなくなったゲーム。

ドラクエ9が出たときにどうしてもやりたくなり、つい3DSを買ってしまいました。

しばらくはドラクエシリーズやゼルダで遊んでましたが、飽きてしまいこちらも売ってしまいました。

クローゼットまわり

捨てたものクローゼット

机まわりがすっきりしてきたら、勢いがついて次はクローゼット周辺を断捨離していきました。

スーツ、洋服

ドラッグストア勤務時代は私服で通勤していました。

スーツの着用は月一度の会議くらいだったのに5着もスーツがありました。

いまスーツは1着だけですが、結婚式などに呼ばれて年に1度着るか着ないかの頻度です。

洋服も学生時代に買ったものを大人になってもずっと持っていたりしました。

学生のころは丸井やパルコで買ってましたけど、いまはショッピングモールに行ってもほぼユニクロ1択ですね。

シャツ、下着、ズボンなど所持するのは3着までにしてローテーションで着まわしてます。

靴は新しいのを買ったら捨てる習慣があったので、そんなに処分することはなかったです。

いまはスニーカー2足と革靴1足のみです。

衣装ケース

服を処分し始めたら、衣装ケースはしだいに空になり衣装ケースも手放しました。

カバン

カバンも買ってるつもりはなかったんですけど、意外とたくさんありました。

いまはアウトドアブランドのリュックが1個とビジネスバックが1個だけです。

新たにカバンを買い換えようと考えているのですが、

モノを手に入れたくなったときに、なかなか「これだ!」って納得できるのが見つからないことが多いのがミニマリストの悩みでしょうか。

腕時計

腕時計を一時期7つくらい持ってた時期もありました。

仕事で時計は必須だったのもありますが、こんなに必要なかったですね。

いまは腕時計は持っていないです。

スマホで時間を確認していて、それで十分です。

キッチンまわり

捨てたものキッチンまわり。

キッチンもごちゃごちゃしやすいスペースです。

こちらもいっきに断捨離しました。

食器類

結婚式の引き出物でもらったグラスとか、もう使わない皿が数枚あったり。

家でコーヒーを飲むことも多いので、マグカップをたくさん持っていましたがいまは1個だけです。

調理器具

サラダスピナーとか、自炊をちゃんとやろうとキッチン用グッズを揃えようとしていた時期もありました。

使わないキッチン用品も処分しました。

ちなみに炊飯器はミニマリストになる前から持っておらずで鍋で米を炊いています。

保温はできないですけど、慣れれば早く簡単に美味しく炊けますよ。

趣味の音楽のもの

捨てたもの音楽系。

漫画と同じように処分するのに悩みましたが、こちらも思い切って使わないものは断捨離しました。

ギター、電子ピアノ

何本かあったエレキギターのうち1本と、電子ピアノを手放しました。

当時の部屋の写真が残ってないのでお伝えできないのですが、1ルームの部屋なのに電子ピアノがありました。(笑)

この電子ピアノはすごく良い製品だなと思っていて、88鍵ちゃんとあってピアノのタッチを忠実に再現した鍵盤になっていて、本物のピアノを演奏している感覚がありました。

下手っぴながらヘッドホンを使用したり、小さな音で練習していましたが、ワンルームだと隣近所への「トントン」という打鍵音の響きが気になりますね。

次第に弾かなくなりました。

とはいっても今でもギターは持っています。

いらないエフェクター類

エフェクターも必要な物だけ残して売っちゃいました。

エフェクター以外にも、ドラムマシンや、MTR、マイクなどたくさん持ってました。

いまとなってはドラムマシンやMTRの代わりはスマホで出来てしまいますね。

CDのケースだけ

好きなアーティストのCDのケースだけを捨てて、中身はいまだに持ってます。

しかし聞くためのCDプレーヤーがないというオチです。

雑誌

音楽系の雑誌も捨てずにとっていました。

ギターマガジン、ヤングギター、バーンなど好きなアーティストが表紙だとすぐに買っていました。

これらの雑誌は他人からしたらゴミかなとは思いつつも、一応ブックオフへと持っていきましたが、意外と高く売れた記憶があります。

希少性がでてくるからですかね。(記憶違いだったらごめんなさい。)

家具類

捨てたもの家具類

ここまで片付けると最初の頃に比べると、部屋はほとんどモノがないすっきりとした状態になっていました。

真のミニマリストになるかならないかの最後の砦がテレビ、ベッド、ソファーの3つを手放すことだったと思います。ぼくの中で。(笑)

テレビ

テレビを持っていた頃は、部屋にいるときは常につけていました。

一人暮らしなのもあったと思いますけど、BGM代わりに何か音がなってないと寂しさがあったからだと思います。

テレビがなくなると情報が得られないんじゃないかという漠然とした不安があったのですが、

いまは検索すればネットでも本でもその気になれば自分から必要な情報を取りにいけます。

テレビを手放してもまったく問題はありませんでした。

ベッド、ソファー

ベッドとソファーは今のところに引っ越すタイミングで手放しました。

両方とも無印のものでしたが買取業者では値段がつかず、ソファーは人にあげて、ベッドは捨ててしまいました。

家具は持つか持たないかの判断が難しいです。

ベッドやソファーは体を休憩させる場所なのであったほうがいいんですが、いつでも身軽に移動できる状態でいと考えていたぼくとしては所有したくないというパラドックスを抱えていました。

そういった場合は家具付きの物件に住むのが良さそうですが、何を大事にしたいかで所有するかどうかが決まってきますね。

断捨離で気をつけたこと

捨てる時のコツ

荷物の総量はカゴ車1台でおさまる分にした

最終的に荷物の総量は引っ越し業車のカゴ車1台におさまる量にするようにしました。

単身向けの引っ越しパックだとだいたい2万あれば引っ越しできる量です。

この量なら引っ越し業者が最悪みつからなくても、軽トラを借りて友達一人きてもらえれば自分だけで引っ越しできます。

考える時間が無駄、売ることに時間を取られるなら捨てる

断捨離する時は、手放すかどうか迷うものが出てくると思います。

学生のころ、試験問題はできるところからどんどん解けと教わったことがあると思います。

処分できるものからどんどん勢いつけてやりました。

捨てるなら売ったり、人に譲ったりしたほうがよいと思いますが、売ることや譲ることに時間と手間がかかりすぎるようなら思い切って捨てるようにしていました。

買うより捨てる方がエネルギーを使うことを知っておく

モノは買う時のほうが楽で、捨てたり手放すことのほうがエネルギーを使います。

その分手放した時の爽快感も得られます。

このことを知っておくだけでも、無駄にモノを買うことがなくなると思います。

以上が、ぼくの捨ててきたものです。

本当に暮らしに必要なモノを購入するときの参考にこのブログがなっていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事