読んでみたい
スタンディングデスクの自作

今ある自宅の机をスタンディングデスクにしたいと思い、自作をしてみました。

ぼくはミニマリストではありますが、机と椅子は持っています。

家のデスクで作業をすることも多く、作業のしやすい環境づくりとして、自宅の机をスタンディングデスクにしてみることにしました。

スポンサーリンク

スタンディングデスクにしようとした理由

自宅の机

作業は座ってやればいいじゃないと思われる人も多いと思いますが、ぼくがスタンディングデスクにしようと思った理由は3つあります。

座り続けているのがきつい

長時間座りっぱなしで作業することが多くなり、腰は平気なのですがおしりが痛くなってきてどうにかしたいと思ったのが最初の理由です。

もともと同じ姿勢でい続けるのが苦手でありまして、作業に集中している時はよいのですが、そうでない時はずっと座っていると腰やおしりが痛くなってきます。

環境づくりとして

二つ目の理由は、環境づくりの一貫としてです。

座って作業をしていると、腰やお尻が痛くなるだけでなくて眠くなってきてしまいます。

立ちっぱなしなら、眠くもなりにくいだろうという考えからです。

腰が痛くなったら、ローテーブルに作業場所を移して床に座って作業していたのですが、座っていることには変わりなく、やっぱりおしりと腰まで痛くなってきます。

それに床に座ると寝転がってしまうトリガーにもなります。

なるべく眠くならずに作業に集中していたいと思いました。

運動不足の解消

椅子に座りっぱなしだと、体を動かさないですし、運動不足にもなってしまいます。

座りっぱなしよりは立っていたほうが、多少はましになるだろうという考えもありました。

自作にした理由

スタンディングデスクの自作

じゃあ、スタンディンングデスクを買ってみようと考えましたが、実際買うとなると値段も安いものもあれば高いものもあり色々と迷ってしまいます。

自作にしようと思った理由は主に二つです。

お金を掛けたくなかった

スタンディングデスクを買うにも最初はどれが良いのかわからないですし、なにより実際に使ってみないと効果が分からないです。

そこでテスト的に運用してみようと思いました。

試験運用なので失敗しても大丈夫なように、なるべくお金を掛けずにダメだったら元に戻せるようにしたいなと思っていました。

効果ありそうなら本格的なのを買う

実際に何日間か試験的に使ってみて、よかったら使いたい機能もわかってくるし本格的なものを購入しようかなと思います。

自作をしてみた

机を自作してみた

実際に自作してみました。

なるべく安く、試験的に運用してみることが目的なので木の板を買ってきて机の上の段ボールに乗っけるだけのシンプルなものにしようと思いました。

材料

  • 杉のすのこ 980円
  • アクリル板 980円

実際に作ってみた

購入したのは以上の2点です。

費用は2000円以内で収まりました。(高い?)

木の板1枚だけ買ってきて、段ボールの上に乗っけるだけにしたかったのですが、ホームセンターで売っているDIY用の天板は木の質がしっかりしていて重たいものが多く、段ボールの上に乗っけるには危ないかなと思いやめました。

木の板をカットしてもらうこともできたのですが、もともとの木の幅や厚さが合わないとか、金額が少し上がるとか、ちょうど良いのが見つからず、ホームセンターの中をうろうろしていた時にすのこを見つけました。

このすのこが大きさ、重さ、適度な丈夫さ、価格の面と全てにおいて合格だったのですのこにすることにしました。

すのこの隙間の部分は上にアクリルの板を乗せれば解決するだろうと、一緒にアクリルを購入しました。

ちなみに天板はネットでも売っています。

最初はニトリで買おうかと思っていました。

作り方

作り方は朝簡単です!

すのこの大きさに合わせて、アクリル板をカットしすのことアクリル板を貼り合わせるだけ。

ただ合わせるだけだと、使っているうちにだんだんずれてくる可能性もありますので、接着剤でくっつけることにしました。

使ったのはこちらのボンドです。家にあったものをそのまま使いました。

プラスチックと木材のように、さまざまな材質どうしをくっつけることができるのでとても便利です。

完成

すのこ天板が出来上がったので、あとは段ボールの上に乗っけて完成です。

段ボールは置き方を間違えなければ、上からの重さに耐えてくれて、ちょっと体重を加えたくらいでは潰れず丈夫です。

天板の下の段ボールの中には本を入れて、ずれ落ちないように重さを加えました。

いい感じで完成しました!

作業時間は30分も掛からずでした。

スタンディングデスク完成

スタンディングデスクを自作してみた感想

実際に1日使用してみて、その感想をまとめてみました。

使った用途は、パソコン作業と本を読んでみること。

とても良い感じ

自分の身長に合わせて机の高さを決めたので、作業もしやすくちょうどいい感じです。

机の高さは、90度に曲げた時の肘の高さにくるようにしました。

机の奥行きも出したので、パソコンと顔の位置が程よく離れて目の疲れも軽減された感じです。

すのこを天板として使うことの不安要素であった隙間の部分も、アクリル板を敷いただけで問題なしでした。

紙に字を書くのも問題はないのですが、少しだけ心許ないかなという感じです。

立ちっぱなしは疲れる

スタンディングデスクのデメリットではありませんが、1箇所に立ちっぱなしは当然疲れます。

タイマーで時間を決めたり、疲れたら座って作業するのが良いのかなと思います。

疲れた時を考えて、スタンディングデスクを買うとすれば、上げ下げできるタイプが良さそう。

でも概ねいい感じです。

ステッパーは必要?

スタンディングデスクにするなら、セットでステッパーを使うほうがよいという意見もネットでは見かけます。

体を動かすことになるので、立ちっぱなしによる疲れを軽減し、なおかつ運動不足の解消にもなるみたいです。

購入を検討してもよさそうです。

自作は楽しい

作ってみた感想としては、自作するのは楽しいなということです。

市販のものを買えばすぐに手に入りますが、自作だと自由に作れ安く仕上がること多いのがよいですね。

ということでまた、スタンディングデスクについての使用の感想を書きたいと思います。

それでは。

スポンサーリンク
おすすめの記事