ポモドーロタイマーのおすすめはこれ!

こんにちは、集中力アップを目指し修行中のきっしーです。

集中力アップの方法として知られているポモドーロ・テクニック。

このポモドーロ・テクニックというやつはどのポモドーロタイマーを選ぶかによって、タイマー自体が集中の足かせになることがあります。

ポモドーロタイマーの悩み
  • 25分、5分をいちいち時間を切り替えるのが面倒!
  • かといって別々に設定したタイマーの2台持ちはしたくない
  • タイマー音が大きすぎてカフェでは使えない!
  • 音を下げると今度は気が付かない
  • アプリのポモドーロタイマーはスマホに集中を奪われる
  • ウェブ版のポモドーロタイマーは外出時は使いづらい

という感じでこれぞといったタイマーが見つからず、ポモドーロタイマーを探す旅にでておりました。

アプリやウェブ版、キッチンタイマーといくつかポモドーロタイマーを試してみましたが、最近これいいなっていうのがようやく見つかりました。笑

それがこちらです。

このポモドーロタイマーはメーカー名が不明ですがおすすめポイントは、

おすすめポイント!
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • 光のみ、振動のみでも時間を知らせてくれるからカフェでも使える
  • 横に回転させるだけでタイマーの切り替えができる
  • 振るだけでタイマーを開始、停止できる
  • ポモドーロタイマーに特化しているのがよい

な点です。

今回はこのおすすめのポモドーロタイマーについてです。

https://amzn.to/2W0OADe

スポンサーリンク

ポモドーロテクニックって?

ポモドーロ・テクニックとは、25分作業したら強制的に5分休むという時間管理術です。

作業は一区切りつけてから休むほうがいいんじゃないか?と思いがちですが、じつは計画的に休むほうが集中力を長く保ちやすかったりします。

人は学習時に、脳の中のニューロン(神経細胞)同士のつながりが強まり、思考活動が活発になります。ですが、神経細胞の数には限りがあるため、頭に知識や情報を詰め込むばかりではオーバーヒートして飽和状態になってしまい、それ以上記憶することができなくなるとされます。 そのた

め、学習や仕事には「クールダウン」が必要とされています。クールダウンとは、激しい運動の後に休息して体の調子を整えることや、「冷静になること」または「頭を冷やす」を意味します。

脳科学が明らかにした「成果を出す人ほどしっかり休む」の秘密

集中してるときは時間を忘れてしまい、疲れが溜まっていることに気が付かなかたりしますが、強制的に休むことで集中状態を長く保てるテクニックです。

ポモドーロ・テクニックのコツ

ポモドーロをやる上で気をつけることは、

ポモドーロで気をつけてること
  • 25分たったら作業途中でもきっかりやめる
  • 5分休憩にSNS、You Tube、メールなどを見ない
  • マインドフルネス瞑想、筋トレ、ストレッチなどが5分休におすすめ

作業途中でやめると考えていたこと忘れちゃうって心配ありますが意外と忘れないです。逆につぎの集中に繋がります。

一番やっちゃだめなのがスマホをイジることですね。ついついSNSやメールの確認をしてしまい時間が無駄に過ぎていき、最悪やらなきゃならないことを後回しにしちゃいます。

アプリやブラウザ版のポモドーロタイマーじゃだめなの?

スマホのアプリやブラウザでのポモドーロタイマーは僕はだめでした。

ダメだった理由としては、

専用のタイマーを使ったほうがいい理由
  • アプリだとスマホに触れることになり、つい他のことをしてしまう
  • WEB版のポモドーロタイマーは音を気にして使えないときがある

です。

スマホは手に触れること自体がトリガーになって、ツイッターとかLINEとかついひらいちゃうんですよね。意思の力でやめるのは無理と判断し、集中したいときはスマホ触らないようにしています。

WEB版のポモドーロタイマーは時間を音で知らせることになるので、カフェとかでやりずらいです。音を小さく設定すると聞こえなかったり、逆に音を大きくすると回りの迷惑になったり。

でもノイキャンのイヤホンを使いながらだったら大丈夫でしょう。ちなみにおすすめのWEB版のポモドーロタイマーはこちらです。

おすすめのウェブ版ポモドーロタイマー

スタートをクリックするだけで開始でき時間設定も簡単。使い方はすぐに分かると思います。

ポモドーロテクニックにおすすめのタイマー

ポモドーロタイマー おすすめ

このポモドーロタイマーがほかのキッチンタイマーと比べてどこがおすすめかというと、

  • ポモドーロテクニックのために作りましたと言わんばかりのシンプル設計
  • 光のみでも時間を教えてくれてカフェでも使える
  • 25分、5分の切り替えは横に回転させるだけ
  • 振るだけでスタート・ストップができる

ところがおすすめポイントです。

光、振動、音の好きな組み合わせで時間を教えてくれる

気に入ってる点のひとつとして、光の点滅で時間を知らせてくれる点です。

音のみで知らせるタイマーはカフェでは使えず、振動で知らせるタイマーは机のうえにおいておくと意外とうるさく、ポッケに入れておくと気が付かないといった感じだったので、光で時間を教えてくれるのが自分にとってはベストでした。

光のみ以外でもこのタイマーは、

ポモドーロタイマーの設定
  • 光のみ
  • 光と音
  • 光と振動
  • 光と音と振動

と4つの設定ができ、そのときの環境に応じて好みの設定ができます。

「光だけで気がつく?」という心配もあるかもですが、モニターの横の視界の入る場所に置いておくと光だけでも時間が来たことに十分に気が付きます。

光で教えてくれる良い点はびっくりしないことです。集中してるときに音がいきなり鳴りだすとびっくりしませんか。笑

タイマーの切り替えは横に回転させるだけ

25分と5分の切り替えは向きを90度回転させるだけというのがものすごく楽です。

25分から5分への切り替えは5分が上になるように回転させるだけ

キッチンタイマーでポモドーロを行うと、25分、5分と毎回時間を設定しなおさないとならないタイプが多いです。

時間を2つ設定できるダブルタイマーもありますが、設定ごとにスタート、ストップをしないとならないようで地味に面倒だなと感じこのタイプは試してはいません。

スタート、ストップは振るだけ

振るだけでタイマーをスタート、ストップができるのも簡単で便利です。

人によっては開始、停止はボタンで操作したいかもしれませんね。

ぼくとしてはボタンが減ってデザインがすっきりするし、始めたい止めたいときに掴んで振るだけのシンプル操作なので気に入っています。

ちょうどよい大きさで持ち運びにもよい

軽く小さすぎず持ち運びも苦にならない大きさも気に入ってます。

小さすぎると表示が見づらかったり、タイマーとして存在感なさすぎるかもしれないのでちょうどよいサイズです。

単4電池2本で動く、電池式ですがおそらく1年以上は交換の必要がなさそう。

このポモドーロタイマーのイマイチな点

キッチンタイマーとしては向いてない

好きな時間に設定できるDIY設定というのもあり、5分休を好きな時間に設定することもできます。

ただ両手がふさがって汚れていることの多い料理中には10分にしたり3分にしたりといった細かい設定しずらいので、キッチンタイマーとしては向いていない印象です。

また防水機能はなく、冷蔵庫にくっつけるマグネットはついてません。

持ち運びのときは電源を切ったほうがよい

振るとスタートができる機能がカバンの中で誤作動を起こすことがあるかもです。大した手間ではないので、持ち運びのときは電源は切っておいた方がよいでしょう。

ある日、外出時にリュックの位置をなおそうとピョンと飛び跳ねたら、その振動で勝手にタイマーが開始してたようです。

スマホ以外で振動音がしてるので、どこかと探したらカバンのなかで勝手に作動してました。笑

ちなみに電源のON/OFFはボタンの長押しをするだけです。

ポモドーロ・テクニックにおすすめのタイマーのまとめ

最後に今回のまとめです。

ポモドーロタイマーのまとめ
  • ポモドーロタイマーには物理タイマーがよい
  • 音のみの設定ができカフェでも使える
  • 横に回転させるだけで時間の切り替えができる
  • 振るだけでスタート・ストップができる
  • 軽くて小さ過ぎず持ち運びにも楽

以上、おすすめのポモドーロタイマーについてでした。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事