【ミニマリスト】地方の生活で車は必要か?【つくば市の場合】

こんにちは。

つくば市在住のミニマリストのきっしーです。

「ミニマリストとして地方で暮らすにあたって、車なしでも大丈夫か?」

今回はこんなテーマで考えてみました。

ちなみにぼくは独身一人暮らし、在宅ワークです。

結論:ミニマリストであること関係なく地方移住で暮らすには車は必要です。というかあったほうが圧倒的に楽。

もともとは東京都内で育ち暮らしていましたが、仕事の関係で茨城のつくば市に移りそのまま暮らしています。

都内で暮らしていたといっても23区ではなく多摩地区です。西東京地区なんて言われ方もしますね。

多摩地区は武蔵野市の吉祥寺のような住みたい街もあれば、都会とはいえない地域もあるけど、全体的に交通の不便は少ない、都心に通勤しやすいいわゆるベッドタウン。もちろん車は持ってるに越したことはない地域です。

代表的な市町村としては八王子市町田市府中市調布市立川市武蔵野市国立市三鷹市多摩市西東京市などがある。西東京などとも言われ、住みたい街ランキングで上位に入る事が多い吉祥寺(武蔵野市)を筆頭に八王子市以東は東京23区のベッドタウン郊外エリアとして人気が高い地域である。

引用:Wikipediaより

都内で暮らしていたころは特に車の必要性は感じず、大きな買い物や荷物の移動をしたい時に車を使いたいときがある感じでした。

つくば市での生活は都内で生活してた頃と比べて、なにも不便を感じることなく暮らせていますが、それは車があることが大前提だったりします。

つくばでの生活には車は必要になってきますね。

いま住んでる場所は、つくば市内でも車はなくてもなんとか大丈夫な場所なのですが、いろいろな移動を考えると不便で一時的に親から借りてる車に乗ってます。

ミニマリストというと都会の便利さがあってこそ成り立つという考えが一般的にあると思いますが、

この記事の向いてる方
  • 都会でなくても車を持たずに生活できるか?
  • ミニマリストではないが、都会から地方移住しようと考えてる

という方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

地方移住で車が必要な理由

地方移住で車が必要となる理由で思いつくこと、3つです。

地方で車が必要な理由
  • 地方だと街の面積が大きいことが多い
  • だから、お店、役所、病院、職場、学校など、それぞれの距離が離れている
  • 車以外のバス・電車などの交通網が少ない、不便な場合がある

と、こんな感じです。

移動距離が半端ない

つくばはめちゃくちゃ広い!!シンプルに移動が大変です。

東京23区の大体1/3以上の面積があります。

つくば 23区
283.72k㎡ 627.6k㎡

地方とはいっても生活に必要な施設はもちろん揃っています。

市役所、病院、床屋・美容室、スーパー、コンビニ、自転車屋、本屋などなど。

つくばだと、イオンモールのような大型ショッピングモールが市内、県内にあることが多いので、買い物で不便することはほぼないでしょう。

アマゾンも都内と同じサービスを受けられ待たずに普通に届きます。

ただ、お店や役所などの施設のひとつひとつの距離がとても離れている

ぼくの住んでる地域はつくば市内でも自転車で移動が比較的可能だけど、やはり大変。

高い建物がほぼなく、すこし外れると田んぼや畑で日陰が少ないので、真夏や真冬は自転車移動だと天候の影響をモロに受けます。

逆に春や秋は自転車をこいでると景色がよく、気持ちよいです。

通勤で車を使わざるを得ない

交通網が発達してないことがあるので、地方では車通勤になることが多いでしょう。

都会の満員電車に乗らなくて済む反面、朝や夕方の渋滞は避けられずです。

シェアリングや自動運転の車がどんどん普及すれば、地方はかなり快適に暮らせるのではと個人的に思ってます。

地方移住でも車を持たずに済ます方法

地方移住で車なしで過ごすとすれば、

  • 在宅ワークであること
  • 日用品の買えるスーパーやコンビニ、ドラッグストアが集中してるところ、例えばショッピングモールの近くに住む

車を持たずに済ませる方法として、ぱっと思いつくのだとこの2つの条件ですね。

在宅ワークなら車を使う理由がひとつ減る

地方で車を使う理由として、あげられるとすれば通勤で使わざるを得ないことが理由のひとつにあります。

どのくらいの田舎度具合いかにもよりますけど、在宅ワークで家でできる仕事なら、車を持つ理由が一つ減ります。

大型のショッピングモールの近くに住む

都会のように駅の近くに住んだからといって、とくにメリットになることはないでしょう。

理由としては、

  • もともと車通勤が当たり前なところがあるので、駅近だから通勤時間が減るとは限らない
  • 駅周辺に何もないことも多いので買い物が楽になるといったメリットにならない

ことがあげられます。

なので、駅近くに住むよりは、買い物に便利な地域を探して住むというのが車を持たずにすむ方法のひとつになるでしょう。

車を持たずに済ませるならショッピングモール近くに住むというのもひとつの手です。

地方は家賃が下がる、その分を車の費用にまわせる

地方では車は必要になることが多いですが、地方のよいところは家賃が低いことです。

  • 都会と同じ家賃でも部屋が広い、もしくは部屋数が増える
  • はじめから駐車場込みの家賃であることもある

というのがあります。

月の固定費の大きな部分を占めるであろう家賃が下がるメリットはとてもとても大きいです。

ぼくの例だと、以前は新宿まで家の玄関出てから新宿アルタ前まで40分もあれば着く地域に住んでいました。

沿線沿いで駅まで徒歩8分くらいの場所に住んでましたが、ワンルームで家賃は6万円。

つくばでもワンルームに住んでますが、部屋は2割増しくらいに広くなって、家賃は下がり4万円。

(今考えるとそれでもおそらく高い部類?似た条件でもっと家賃の低いところはあると思います。)

すごーく大雑把な感覚で、家賃は4分の3から半額になるイメージです。(あくまでぼくの例です。)

いまは駅の近くではないものの、スーパーやドラッグストア、大型ショッピングモールもまあまあ近く、生活には不便していません。

もし都会から地方に移住を考えているなら、家賃で浮いた費用を車にかけるという考え方をしてもよいかなと思います。

もちろん車を持っていると、税金がかかったり、保険がかかったり、メンテナンス費がかかったりとあります。そう単純にはいきませんが。あと、家族の場合は一人一台車が必要になってくると思うので、家賃で浮いた分を車にまわしても逆に金銭的な負担は増えてしまうかもです。

最後に

地方でミニマリストをするのは可能ですが、必要最低限のアイテムが増えます

そのうちの一つが車になる可能性は大きいでしょう。

この記事では、都会のほうがよいとか、地方がよいとかいう話がしたいのではなく、「地方でミニマリストするなら車は必要になるかもね。」というだけの話です。

ぼくの以前住んでたところも、都内でも田舎の部類に入りますし。

「持ち物の量を単純に減らしたい。」

というミニマリストなら間違いなく都会の方がよいです。

やっぱり都会の方がまだいろいろなモノをアウトソースしやすいですからね。

ただ都会の家賃の高さを考えると、車を持ってでも地方でミニマリストをやるというのも悪くはないと思います。

ミニマリストだからこうしなきゃ、こうあらなければならないというのはもちろんありません。

自分のしたいように過ごすのがいいです。

それでは。

スポンサーリンク
おすすめの記事