本『ヤバい集中力 AWESOME FOCUS』

こんにちは。
集中力アップ、修行中のきっしーです。

基本、在宅ワーカーなので家で作業することが多いのですが、家だとなかなか集中力が続かないことが多いんですよね。なので、集中力アップ系の本を読むことが多く、日々自分の集中力アップを図っています。

そんな中、最近読んでこれは良かったと思った本のご紹介です!
ヤバい集中力 AWESOME FOCUS』という本で、作者は鈴木祐さんという方です。

スポンサーリンク

ヤバい集中力 AWESOME FOCUSが向いてる人

読んでみるといいんじゃないかなという方は、

  • 在宅ワーカー
  • 受験を控えている学生
  • もしくは、受験生を持つ親御さん

といった方で、本のタイトル通り、集中できなくて悩んでいる方におすすめの本です。
高校生くらいの学生だと、こういった本を手に取ることがないかもしれないので、受験を控える子をもつ親御さんが代わりに読んで、集中しやすい環境を整えてあげるのもいいのかなと思いました。

ヤバい集中力 AWESOME FOCUSの内容

本の内容は、集中力をアップするための45のテクニックが書かれて、人は本来、注意散漫であることを前提にどうすれば集中力があがるのか、持続できるのかついて書かれています。

人の集中を妨げる本能的な部分、たとえば、

  • 朝一にみたLINEが嫌な内容で気になって集中できない
  • SNSの通知が気になって仕方がない

など集中力を妨げてしまう衝動的なことを、この本の中では『獣』という言い方をしています。

また本能(獣)に打ち勝とうとする理性のこと、たとえば、

  • 嫌なことはいったん忘れて、いまは仕事に専念しなきゃ
  • SNSを見始めると止まらなくなる

といけないと頭では分かってはいるけど、それをうまく止めることのできない理性のことを『調教師』という呼び方で表し、

  • 自分の集中力を妨げる強い獣をいかに調教するにはどうしたらよいのか?
  • 獣をうまく操れるようにするにはどうしたらよいのか?
  • 獣を自分の味方にするにはどうすればよいのか?

ということについて書かれている本です。

この本に書かれている45のメソッド全部をいきなり自分の実生活に取り入れることは難しいかもしれませんが、できることからひとつひとつ実践してみるのがいいんじゃないかと思いました。そのためのロードマップも本の最後に書かれています。

ヤバい集中力 AWESOME FOCUSを読んだ感想

簡単にできることで、この本に書かれていることを少しだけご紹介すると、

スマホがiPhoneの方なら、グレイスケールという設定にすると、画面が白黒にかわり、スマホに興味がそそられずらくなる、とかです。

この設定をやると、初期のゲームボーイ(たとえが古い?)みたいな画面になり、色鮮やかな刺激が目に来ないので、白黒画面を続けているとスマホに気が向かず、集中力アップの効果ありだと感じました。ちなみに、ぼくはカラー画面に戻したいと思いました。笑

ただダラダラとメソッドが書かれているのではなく、身近な例を交えて、エビデンスに基づいた方法が書かれているので、本として読みやすく、信頼性があるなと感じました。最初、本の表紙にトラが描かれているのはなんでだろう?と思いましたが、本能(獣)のことを表していたんだなと理解しました。

集中力を上げたいという方にはおすすめの本です!
それでは!

https://amzn.to/3tjgupM

スポンサーリンク
おすすめの記事