読んでみたい
使っている掃除道具

こんにちは、ゆるくミニマリストのきっしーです。

「ミニマリストって掃除はどうしてるの?」

という疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

ぼくは掃除するのは基本好きで、暮らしの中で掃除は必要なことと捉えています。

けど掃除って面倒ですよね?

面倒なことはしたくなくないので、なるべく手間のかからないように掃除道具は充実していると思っています。

今回はぼくが実際つかっている掃除道具をご紹介します。

スポンサーリンク

ミニマリストになると得られる掃除の姿勢

ミニマリストになったことで、部屋を掃除する頻度は確実に上がりました。

ミニマリストになるまでは掃除することは好きだけど、いざ始めるまでが面倒でした。

ミニマリストになって得られた掃除する上での効果です。

掃除がしやすい

モノが少ないので、掃除がしやすくなります。

ミニマリストの部屋の写真を見かけたことがあると思いますが、床になにも置いてないことが多くないでしょうか?

ぼくの部屋も床に置いてあるのは、机、椅子、本棚、ローテーブル、座布団、布団、ゴミ箱くらいであとは何も置いてません。

モノがないので単純に掃除がしやすくなります。

掃除が好きになる?

掃除が好きになるは言い過ぎかもしれませんが、床や机の上に何も置かないすっきりとした状態を心がけるようにすると、ホコリが気になるようになりました。

掃除する手間は拭くだけ、捨てるだけ、掃除機かけるだけと工程を少なく手軽にできるようにしています。

掃除がしやすくなると掃除をする頻度はあがるようになります。

毎日掃除も苦ではない

ぼくの部屋は1ルームなので床に掃除機をかけても5分くらいで終わります。

毎日掃除をするのは床くらいですね。

トイレやお風呂、キッチンは汚れが気になったらその都度掃除するようにしています。

掃除の手間を省いて、掃除しやすい環境になるとようになったことで毎日掃除をするようになりました。

実際に使っている道具

使っている掃除道具

では実際に使っている掃除道具のご紹介です。

使う掃除道具は最終的にこの辺のアイテムに絞られてくるんじゃないでしょうか。

特別なものは使っておらず、おそらくどのご家庭にも置いてあるモノと変わらないと思います。

掃除機は必須

使っている掃除機

他の記事でもお伝えしてますが、ミニマリストにとって掃除機は個人的には必須だと思ってます。

意見が分かれるところですよね?

フロアーモップだけだと集めたゴミを最後的に吸い取ってくれず、手軽じゃないという点で掃除機に軍配が上がりました。

掃除機ならなんでも良いというわけではなくて、使っている掃除機はコードレスのスティクタイプで置き型充電のタイプです。

床にあまりモノを置かないようにしていることや、室内は裸足でいることが多いことから足の裏につくホコリが気になってしまいます。

コードレスタイプだとホコリが気になった時にさっと手軽に掃除できて便利です。

ハンディワイパー

使っているハンディーワイパー

ハンディワイパーも手軽なのでよく使っています。

ユニチャームのウェーブと花王のクイックルハンディーワイパーと2大巨塔がありますが、ぼくはウェーブの方を使っています。

どっちを使ってもいいんですが、青いデザインが気に入っています。

あとはウェーブは舞い上げブロックシートというのを採用していて、掃除をしていてホコリを吸いづらいかなという点で選んでいます。

PCのキーボードや机の上のホコリをとるのにメインで使ってます。こちらもサッと手軽に行うことができます。

あとはたまにカーテンレールの上とか見えづらい場所を手を汚さずに掃除できるのもいいですね。

交換用のモップ部分も汚れが気になったら交換してます。

月1回くらい?なのでコスパも気になってません。

コロコロ

使っているコロコロ

コロコロもよく使います。

服のホコリをとるよく使っているのや、たまに布団の上をコロコロしたりします。

メーカーはどこでもいいかなと思ってますが、ニトリのコロコロがカットしやすいように斜めに切り込みが入っていて使っていて便利だなと思いました。

クイックルシリーズ

使っているウェットシート

ウェットシートシリーズは、トイレ、キッチン、床と花王のクイックルシリーズを使っています。

ウェットシートは花王以外の安売りされているモノを使ったこともありますが、本家?が一番破れにくく、汚れもしっかりとってくれて、ちょいと厚手で使用感がよいです。

スプレー洗剤

使っているスプレー

洗剤の種類は多くしたくないので、お風呂の浴槽と洗面所の部分、トイレの便器にスプレータイプの洗剤を使っています。

スプレータイプの洗剤も花王のマジックリンシリーズを使うことが多いかな。

「クエン酸でなんとかならんか?」

とクエン酸の粉でクエン酸水ズプレー作って試していた時期もありましたが、面倒なのと汚れの落ちがいまいちでした。やり方が悪い?

やっぱり専用の洗剤を使ったほうが汚れ落ちがよいし、何より面倒でなくてよいなという結論にたどりつきました。

まとめ

掃除の手間を省くためには家の不要なモノを減らして汚れが溜まる前にマメな掃除がよいと思います。

そして何よりもマメに掃除しやすい環境をつくることが大事だと思います。

掃除は好きな方だけど、面倒なことはしたくない

  • 部屋はなるべくキレイで落ち着ける状態が良い。
  • だから掃除はなるべくマメにした方がよい。
  • 掃除は好きだけど面倒で億劫な作業にはしたくない。

というのが正直な気持ちです。

掃除は好きだけど面倒だからしたくないというぼくのような性格の方はミニマリストに向いてます。(笑)

使い捨てるものがいい

掃除が終わったあとの片付けを面倒に感じてしまいます。

なので手軽に時間をかけずに掃除をしたいので拭くだけで使い捨てられるものを使うようにしています。

地球の環境面を考えたら、けっしてベストなやり方ではないので他に良い方法を見つけていきたいですね。

それでは。

スポンサーリンク
おすすめの記事