ミニマリストはテクノロジーのおかげな話

ミニマリストって、テクノロジーがないとできないよね…。

ミニマリスト歴5年のきっしーです。

今回はこんなテーマで考えてみました。

ホリエモンの言葉で感銘を受けたものがあります。

世の中を変えてきたのは政治ではなくテクノロジー。

みたいな言葉でした。言われてみれば当たり前のことなんですが、たしかにその通りだと思いました。

もちろん政治で変わってきた部分も多くあると思います。でも分かりやすくスピーディーに世の中を変えてきたのはテクノロジーや技術の進化だと思います。

ミニマリストはテクノロジーの進化で登場したと思います。

ミニマリストは世の中のテクノロジーやサブスクリプションサービスの上に成り立っています。

結論

ミニマリストはテクノロジーのおかげで成り立っている。

そこで、今回はテクノロジーやサブスクリプションサービスの登場で、持たずに済んでるモノについて考えてみました。

スマホのおかげで手放せてるもの

いわゆるモノが少ないミニマリストはスマートフォンの登場で可能になりました。

まちがいなく、このスマートフォンのおかげでモノの量を減らすことができています。

ミニマリスト テクノロジー

ちなみにスマホの代表格といっても過言ではない、iPhoneをつくったAppleのスティーブ・ジョブズもミニマリストであったとか。

スマホがなかったら

スマホがなかったら、いまだに持たないとならないものは何か?

『スマホの登場で使わなくなったものランキング』をみると見えてます。

このランキングみるとスマホの登場で手放すことができたものが分かります。

引用:【時代は回る】スマホの登場で使わなくなったものランキング!

公衆電話をのぞけば、ミニマリストでなくても家から自然となくなった、使わなくなったものが多くないでしょうか?

ランキングに載ってないのだと、

  • 写真
  • 手帳
  • 家計簿

など、紙である必要のものが少なくなりました。

使用頻度がめちゃくちゃ少ないけどなんとなく家にあったものもスマホで代替できちゃいます。

  • タイマー
  • 方位磁石
  • レコーダー
  • 万歩計(ヘルスアプリ)

なんでもスマホでできちゃう弊害

ひとつでなんでもできてしまうことの弊害もあります。

スマホがないと何もできないくらいスマホに依存する生活になりました。

中毒性もあります。

なんでもスマホでできちゃうので、ちょっとでも時間ができると何となくスマホに手が伸びてしまいます。

スマホのアプリは注目を浴びてもらうために色んな工夫がされています。

自分もその一人ですが、YouTubeやSNSで無益な時間を過ごしてしまった!ということも増えました。

サブスクリプションで持たずにすむモノ

本・映画・音楽などのコンテンツ

サブスクリプションサービスの登場で、本や、映画、音楽は持たずにすむようになりました。

よくお世話になっているのは、Amazonです。

  • Kindle
  • Amazon Music
  • Prime Video

とこの辺はよく使ってます。

Amazon以外にも、Hulu、Spotifyとか…、今やたくさんサブスクはあります。

今でも紙の本は買います。

ネットの回線速度があがったことやデジタル化が進んだことで、以前のようにモノという形で持つ必要はなくなりました。

車・服・家具

レンタカーはだいぶ前からありますが、シェアリングサービスがはじまり、都会だと車も所有せずに使いたい時に手軽に使えるようになってます。

タイムズカーシェア

まだ使ったことはないですけど、服や家具のサブスクサービスは流行りつつありますね。

服のサブスクは女性向けのサービスが多い印象です。

airCloset(エアークローゼット)

この家具のサブスクサービスは気になる。

バルミューダが使えたり、オフィスチェアーみたいな高価なものはレンタルのほうがよいかも。

subsclife(サブスクライフ)

音声入力で作業の断捨離ができる

Siri・Alexa・Googleアシスタントは個人のドラえもん

音声認識の技術がどんどん進化してます。

かなり正確に聞き取ってくれるようになりました。

この音声入力の進化は、なにを手放してくれるかな?と考えてみました。

答えとして出てきたのが、作業の断捨離でした。

たとえば、こういうことです。

  • タイマーのセット→「ヘイ、シリ!2分はかって!」
  • 目覚ましのセット→「ヘイ、シリ!あした6時に起こして!」
  • 音楽をかける→「アレクサ!音楽かけて!」
  • メモをとる→「ヘイ、シリ!メモとって!」

これらはよく使ってます。

声だけでタイマーをかけてくれたり、アラームをセットしてくれたり、音楽をかけてくれたりととても楽です。

音声入力で断捨離できるモノ

「じゃあ、音声入力で具体的にどんな作業を断捨離してるの?」

と考えたときに以下が思いつきました。

  • アプリの立ち上げ・停止
  • タイピング・フリックなどの入力作業
  • スマホまでの移動(スマホを手に取らなくてよい)

もっと音声入力を活用できたら、かなりの時短につながりそうです。

テクノロジーのおかげ

以上、ミニマリストはスマホやサブスクなどのテクノロジーの進化で成り立っているという話でした。

結論

生活をよくしてくれるテクノロジーの進化に感謝!

です。

テクノロジーの進化が生活に与える影響は、ミニマリストに限ったことではなく、いずれモノを所有しなくなるのがふつうになるなかなとも思いました。

それでは。

おすすめの記事